宮治勇輔

宮治勇輔  Twitter  プロフィール

養豚農家のこせがれ。一次産業をかっこよくて・感動があって・稼げる3K産業にするべく活動中。みやじ豚は銀座の松屋百貨店をはじめ多くの飲食店で扱われるように。毎月みやじ豚BBQ、農家のファミリービジネス研究会を開催中。都心で働く農家のこせがれに農業の魅力と可能性を伝えたい。

「学び&ヒント」のアーカイブ

『農業後継者のための事業承継講座』第2期を募集します

eラーニングによる「農業後継者のための事業承継講座」が昨年12月に無事開講し、先日集合研修を実施しました。

農家のファミリービジネス研究会を丸々2年間主宰し、事業承継コンサルティングの専門的なメソッドも習得し、自分で経験してきた経営と事業承継の要諦を全て盛り込んだ事業承継講座を、ビジネス・ブレークスルー社と連携を図ることで全国各地どこでも受講できるeラーニングのカタチで創り上げることができたけど、この半年くらいは産みの苦しみでなかなか大変だった・・・

とはいえ、やっぱりeラーニングでは腹落ちしないポイント(後継経営者としての心構えなど)があって、そこはこうした集合研修で対応できるんです。この組み合わせが大事なんだなと、改めてビジネス・ブレークスルー社とつくりあげることができてよかったな〜という感想です。

第1期の受講生は皆さん優秀なので、後継者としてどのポイントを注意すればいいのかはだいたい理解できているのが素晴らしいし、集合研修ではお互いの経営状況や事業承継について安心して相談できる場になっているのも大きい。ここら辺も、農家のファミリービジネス研究会から飛躍的によくなった点かなと。

実は最終講義の収録がまだで、色々考えた結果、まとめ的なかたちにするよりも生産の暗黙知を形式知化するのかに焦点を当てた「生産」の会にすることに。

第2期は4月1日開講です。
この全貌を伝えるのが難しくてもどかしいけど、就農して今まさに事業承継に取り組んでいたり、これから取り組もうとしている方、実家に戻ることを決心して情報収集をしている方には自信を持ってすすめられるプログラムになりました☆

よかったらチェックしてみて下さい!
https://agribusiness.bbt757.com/

全国農業新聞で事業承継のススメを執筆中

全国農業新聞(毎週金曜日発行)のゼミナール欄に、全8回連載でファミリービジネスと事業承継について寄稿しています。だいたい毎回1100〜1300字くらいの原稿で、いよいよ執筆も佳境。来週(かな?)には最終回を迎えます。

第1回:なぜ、事業承継なのか
第2回:農業の理想は家族経営
第3回:なぜ、農家の事業承継はうまくいかないのか
第4回:真の事業承継とは
第5回:農家が知らない事業承継の本質
第6回:法人化のススメ
第7回:創業の思いと歴史を語れ
第8回:(検討中)

そしたら、なんと感想が届きました。
「我が家は果樹農家です。息子が就農し8年目になります。当初からい涼罎暴颪れている営業と経理、採用の責任者になることだと言われている営業に重点を置き、生産はその収益の見込みが人を雇える域に達してから・・・と6次産業化に「一点突破」主義を貫き私の主義と折り合わぬ日々が過ぎています。
この度も事業承継のススメが目に入り息子の回りのコンサルタントまがい(私から見て)が指摘できていないものをズバリと見抜いていることに嬉しく思っています。これからも楽しみにしています。」

自分の考えとは違う息子のやり方に対してもの申したいこともある。だけど今後の経営の担うわが子の成長を考えてあえて口を出さない、親父さんの様々な思いが伝わってきます。
コンサルタントまがい?の人が指摘できていないものがなんなのか・・・いくつか想定されるポイントはあるのですが、はっきりとはわからないのが気になるところではあります。

新聞に寄稿したものに感想が届くのは本当に嬉しいですね!
ネットのコメント欄に無記名で、気軽に感想を書くのとは全く違うのでありがたいです。

【7/5】九州農業ドリームプラン・プレゼンテーション2017

九州農業ドリプラにコメンテーターとして参加させて頂きました。
なんと520席の会場は満員御礼。

第1回目の開催でこれだけの人数が集まるなんてすごいの一言。
主催者のファームプロ竹内さんに話を聞けば、参加者の6割が農業者とのこと。

プレゼンターも個性的な方々ばかりでした。

・家族のような温かさとやさしい場所にあふれた農場をつくりたい

・農地を地域を丸ごとフリースクールに

・農業×福祉×モデルのアスパラ農家

・九州50店舗を構えるスーパー役員兼農業法人社長のもったいないプロジェクト

・篤農家さんの、農業は家族でできる数少ない仕事&農業は地域そのものというメッセージ

・病院管理栄養士のファミリー栄養士プロジェクト

・酒米農家のこせがれ、若者を日本酒好きにして親父を超える宣言

・養蜂家×高校美術講師×イラストレーターのはちみつプロジェクト

・いちご農家×塾経営による「できることを探して挑戦し続ける生き方」が現代版百姓という提言

・子供の頃の経験から家族とは何かを考え続けてきた元ウェディングプランナーのハーブ起業への想い

そして、スポンサー企業として、
・オーレック
・ゼスプリ インターナショナル ジャパン
・福岡銀行
・グッデイ
・富士通
・NECソリューションイノベータ
・アグリガーデンスクール&アカデミー
・くしまアオイファーム
・八女発心会姫野病院
・オークネット総合研究所
・アビオス
・ハローデイ
・スマートロジック
・協同組合エヌ・ケー・ユー
・ゴーオーガニクスジャパン
・4D
・博多食文化の会
・はなと屋
・エスティー

これだけの企業が集まり、協賛生産者も18農家。

第2回も参加されるようだし、第1回目にして九州を代表する農業イベントになりました。
竹内 健司さん、おめでとうございます!
プレゼンターの皆様、お疲れ様でした!!

【5/31】農家のファミリービジネス研究会#20「まずは先代の強みを理解しろ」

組織の問題の8割は「人」の問題と言われています。

・親とはけんかばかりでまともに話ができない・・・

・先代からの社員がついてきてくれるか不安

・ファミリーアントレプレナーシップとは

後継者として、「人」の承継は大きな課題となります。
家業を継ごうか悩んでいる農家以外の方も大歓迎です。


【日時】 2017年5月31日(水)19:00-21:00

【場所】 LEAGUE銀座 中央区銀座3-11-3(最寄駅:東銀座)

【参加費】 4,000円(税込)※軽食・アルコールあり

【プログラム】
19:00-19:50 講座#20【事業承継「人」の巻】
 『まずは先代の強みを理解しろ 』
 ・「人」の問題の9割は○との関係
 ・なぜ、農家の事業承継はうまくいかないのか
 ・事業承継をスムーズに勧めるために
 ・事業承継に失敗するパターン
 ・ファミリーアントレプレナーシップとは

19:50-21:00  経営何でも相談会(出席者参加型)
 ・みんなで「人の承継」の課題及び解決策をシェア
 ・その他、聞いてみたいことは何でも質問OK

※初めての方、農家でない方、大歓迎です☆
  過去にも伝統工芸を扱う家業のこせがれの方や伝統食メーカーのこせがれ、
  農業に参入したIT企業の方の参加も。
※連続講座ではありますが、どこから参加して頂いても問題ありません。

▼申込みはこちら ※2017年5月31日(水)9:00締切
https://ws.formzu.net/fgen/S75736467/

※次回の予定日程→ 6/28(水)

食と農の事業プロデュース講座がはじまります!

「食と農の事業プロデュース講座」がLEAGUE有楽町でスタートします。
代表的な農業と食をつなぐ事業が、顧客を創造するために
考えていること・実践していること。

・郊外型カフェ&レストラン
・食べもの付き情報誌
・インターネット
・地方型マルシェ&都市型マルシェ
・稼ぐアンテナショップ
・島の食材まるごとプロデュース

こんなテーマでそれぞれゲストをお呼びして、「体験する」だけでは
決してわからない事業の勘どころをじっくりと聴いちゃいましょう。

4/26(水)からはじまり、隔週で開催する全6回講座。
食と農の事業を検討している方も温めているアイディアを前に進める場に
したいとワークショップの時間も用意します。

▼講義前半の見どころはこちら!
http://league-brands.jp/yurakucho/post-431/


【4/12】農家のファミリービジネス研究会#19「ファミリービジネスを学ぶ」

「農業の理想は家族経営」今もこの想いは変わりません。
(※家族経営の定義は家族だけで経営することではありません。)

ですが、家族経営というのは「お家騒動」に代表されるように
ネガティブなイメージが強いものです。
農業経営者でもネガティブなイメージを持っている方がいます。

とはいえ、日本の法人の実に97%は家族経営(1人会社含む)です。
家族経営の強みを最大限に活かして経営している会社は思っている以上に多いです。
家族経営に対する認識を正しく持ち、事業承継を円滑に行うための方法を
学べば、迷いがなくなります。

農家のファミリービジネス研究会は全6回で構成。
第1回が今回の「ファミリービジネスについて学ぼう!」になります。

家業を継ごうか悩んでいる農家以外の方も大歓迎です。


【日時】 2017年4月12日(水)19:00-21:00

【場所】 LEAGUE銀座 中央区銀座3-11-3(最寄駅:東銀座)

【参加費】 4,000円(税込)※軽食・アルコールあり

【プログラム】
19:00-19:50 講座#19【ファミリービジネス概論】
 『スリーサークルモデルで理想のライフスタイルを考える 』
 ・ファミリーとビジネスのバランスのとり方
 ・ファミリービジネスにおけるメリットとデメリット
 ・永続性のジレンマを振り払え
 ・後継者の育成はどの様に行われてきたか
 ・ブランド化とセルフプロデュース

19:50-21:00  経営何でも相談会(出席者参加型)
  ・経営課題を洗い出す→解決策の検討
  ・参加者同士「理想のファミリービジネス」をシェア


※初めての方、農家でない方、大歓迎です☆
過去にも伝統工芸を扱う家業のこせがれの方や伝統食メーカーの
こせがれ、農業に参入したIT企業の方の参加も。
※連続講座ではありますが、どこから参加して頂いても問題ありません。

▼申込みはこちら ※2017年4月12日(水)9:00締切
https://ws.formzu.net/fgen/S75736467/

※次回の予定日程→ 5/31(水)

『HELL WEEK(ヘル・ウィーク) 最速で「ダントツ」に変わる7日間レッスン』 エリック・ベルトランド・ラーセン

この本は、近年読んだ自己啓発もののハウツー本ナンバーワン。

著者は、金メダリストやビジネスエグゼクティブの敏腕メンタルコーチ。
そのノウハウをまとめた、『ダントツになりたいなら、「たったひとつの確実な技術」を教えよう』は、著者出身国ノルウェー国民の30人に1人が読んだというベストセラー。

HELL WEEKとは、著者がノルウェー士官学校時代に経験した7日間連続で自分の限界に
挑戦するトレーニングプログラム。24時間を野外で過ごし、限られた食料と睡眠時間で
任務をこなし、極限までストレスのかかる状況下での体験が原点となっている。

7日間で自分の限界に挑戦し、良い習慣を植えつけることで一段上の自分に出会う
メンタルトレーニングの要点を7つに分け1週間に割り振り、月曜日から日曜日まで、
今日何をすべきかを具体的に示してくれている。

曰く、「普段通りのことを、はるかに一生懸命に行う一週間」

月曜日の午前5時の起床と同時に開始し、日曜日の午後10時の就寝で終了する。
その間にあなたは、「それまでの自分」を「意識の高い進化した自分」に変換する。


ということで、是非とも実践したいのでメモ書き的に要点を書いておく。



ヘル・ウィークの7つのルール


◎ルール1:早寝(午後10時)早起き(午前5時)を守る

◎ルール2:成功者にふさわしい外見を常に心がける

◎ルール3:限界まで身体を動かす

◎ルール4:健康的に食べる
ジャンクフード、アルコール禁止。

◎ルール5:デジタル生活を休む
勤務時間内にプライベートでSNSを使うのは禁止。テレビの視聴も禁止。

◎ルール6:100%集中する
勤務中は仕事に集中。勤務時間に友人にメールや電話をかけるのは禁止。
その代わり、帰宅したら家庭生活に100%集中する。

◎ルール7:さらに上を目指す
真剣に作業する。
最後までやり遂げる。
積極的に行動する。
明るく振る舞う。
集中する。

ヘル・ウィークの7日間


通常の1週間に組み込む形で行う。

◎月曜日:習慣
自分の持つ「役に立つ習慣」「邪魔な習慣」を探り当てる。
どんな習慣を持ちたいか決める。
習慣を変える手段があると知り、実行する。


◎火曜日:モードとフォーカス
心のモードとフォーカスについて理解する。
1日の中で臨機応変にモードを変えてみる。
感謝すべきことにフォーカスする。
→場面とほしい結果に合わせて「最適の自分」が使い分けられるようになる。


◎水曜日:時間管理
1日の最適なスケジューリングを考え、実行する。
→優先順位が高いタスクが確実に終わる。
 「時間が足りない」慢性ストレスを解消できる。
 週間スケジュールや長期スケジュールもうまく立てられるようになる。

・計画を立てることを習慣化する。
・プランニングの秘訣は、初めに長期的な目標を定めて段階的に現実に近づけてゆく。
・年間プラン→仕事とプライベート両方の目標を入れること
・月間プラン→計画を立てる時間を必ずとっておくこと。
・週間プラン→月曜日の夜か日曜日の朝15分を確保。
・デイリープラン→維持するのが最大の難関。前日夜にまとめる。TODOリストの機能。
・ひとつのタスクを完了してから次に進む

◎木曜日:限界を1日で引き上げる
24時間眠らない。
コンフォートゾーンから出る。
→思っている以上に自分にはポテンシャルがあるとわかる。
 恐れを克服し、メンタルが強化される。

・今までの人生とはかけ離れた、できるだけ異質な1日にすること。
・木曜日の課題を金曜日の午前5時に完了。
 熱いシャワーを浴びて目を覚ます。そして健康的な朝食をとる。
・金曜日は普段通り仕事を思、普段参加している全ての活動に参加する。
・しっかりと目を開けて、すきを見つけて短く効果的な休息をとろう。

◎金曜日:休息と回復
定期的に良質な休息をとる大切さを知る。
最も効果の高い休息法を知る。
→能力不足でできないと思い込んでいたことが、休息不足のせいだったとわかる。
 短い時間で生産性が上がる。

・いい仕事をするためには、常に70%の力で毎時間、毎日、毎週、ほぼ同じテンポで
 仕事をこなすのではなく、きちんと休んで、ピーク水準でのパフォーマンスの時間を
 頻繁に作ること。オンとオフの切り替えを増やす。

◎土曜日:新しい思考力
「心のつぶやき」が強力なツールになること。
結果を出すための心のつぶやきを覚える
→本来備わっていた意志力が自然に目覚める。
 「正しい質問」を使って脳の力を引き出せるようになる。

・心はいつもつぶやいていて、それが人生を決めている。
・誰もが日々起きてから夜眠るまで続けている絶え間ない自分との会話。
 この心のつぶやきの一部をコントロールし、意識的に操縦できれば、
 劇的なパフォーマンスの改善が期待できる。
・ネガティブな思考が浮かんできたら、「大丈夫、うまくいく」とつぶやいて
 ネガティブな思考を追い払う。
・私は恐い→訓練も準備も十分してきたから、必ずうまくいく。
・緊張している→プレッシャーは朝飯前だ
・つぶやきたい言葉は前もって考えておく。
・常に成長を続けたいのなら、心のつぶやきは、正しい方向に前進するための
 強力なツールになる。
・人生のクオリティを決めるのは「自分にどんな質問をするか」
・新しいプロジェクトを開始するとき「大成功させるために私は何をすればいい?」
 と自問すると、脳が具体的な答えを探し始める。
・質問と答えを常に意識すると、状況によって正しく質問ができるようになる。

◎日曜日:人生を俯瞰で見る
プロジェクトの成功を大いに祝う。
準備段階で俯瞰したときと比べる。
→ダントツに変わった自分を実感する。
 「めざす到達点」が新しく見える。

・1週間を振り返り、思いを巡らせてみよう。
・散歩に出かけるか、心を鎮められる静かな部屋に座って行おう。





【3/22】農家のファミリービジネス研究会#18「事業の目的は顧客の創造」

前回のテーマが「創業の想い」であれば、今回のテーマは「創客への決意」です。
どんな商売もお客さんがいなければ成り立ちません。

小規模ながら顧客の創造に成功している農業者にはある共通点があります。
その共通点を明らかにすると共に、事業承継における顧客の承継について
学んでいきましょう。

【日 時】 2017年3月22日(水) 19:00〜21:00

【場 所】 LEAGUE銀座(中央区銀座3-11-3)

【参加費】 4,000円(税込) ※軽食・アルコールあり

【プログラム】
19:00〜19:30 講座#18【事業承継「顧客」の巻】
『事業とは顧客の創造』
  ・「顧客」の承継のポイント
  ・新規顧客の開拓は今すぐやめろ?
  ・成功の秘訣は・・・
  ・ブランド化に必要な5つのポイント
  ・ファンとリピーターの違い

19:30〜21:00  経営何でも相談会(出席者参加型)
  ・経営課題を洗い出す→解決策の検討
  ・参加者同士「顧客の承継」についてをシェア

※初めての方、農家でない方も、大歓迎です☆
 過去にも伝統工芸を扱う家業のこせがれの方や伝統食メーカーのこせがれ、
 ITベンチャーで農業に新規参入した企業の方などの参加もあります。
※連続講座ではありますが、どこから参加して頂いても問題ありません。

事業承継が完了した、経営課題を相談する必要がないという先輩農業者の方も、
ご参加ください。あなたの体験談で、就農に悩むこせがれの背中を押してください。

▼申込みはこちら ※2016年9月23日(金)9:00締切▼
https://ws.formzu.net/fgen/S75736467/

※次回の予定日程→ 10/21

コレクティブインパクト

コレクティブ・インパクトとは、立場の異なるセクター(企業・行政・NPO・業界団体・教育機関など)が、組織の壁を越えてお互いの強みを活かして特定の問題解決目指す取り組み。

業界の中で縦割りで各々の団体が活動をしていても、なかなか問題解決は進まない。
でも、みんなその業界を良くしようと頑張っている。だったら、力を合わせて頑張ろうよと。


▼コレクティブ・インパクトに必要な5つの条件(Kania&Kramer(2011) "Collective Impact")

1.アジェンダを共有する:全ての参加者がビジョンや課題を共有していること。
2.測定システムを共有する:取り組みを評価するシステムを共有していること。
3.互いを強化し合う活動:各自強みを活かし切磋琢磨し、活動を補完し合うこと。
4.継続的なコミュニケーション:定期的な打合せ等、常にコミュニケーションし合うこと。
5.活動を推進するためのバックボーン組織:活動をサポートする事務局チームがあること。


我々の活動も、今年に入って、

・農林中央金庫と事業承継専門のコンサルタントとで、事業承継の研修プログラム作り

・JA全農と、事業承継のやり方を指南する「事業承継ブック(仮)」の制作

・そして、その事業承継ブックをブラッシュアップするために、
 全国の農協職員と農協青年部、4Hクラブ、農家のこせがれネットワークが集まる場づくり

などに取り組めるようになっている。
農業界の事業承継問題におけるコレクティブ・インパクトを
引き起こすプレイヤーが力を合わせて動き始めている。

【受付中】農家のこせがれ交流会Vol.36@川崎〜売上80倍!ネット販売成功の秘訣〜

新進気鋭のマーケッターが、クライアントの売上を80倍にしたポイントをわかりやすく
解説。WEBマーケティング最前線と、空きスペースにも人を集めてしまう秘訣まで、
これからの農業経営のヒントが沢山散りばめられた話を、今回は川崎に突如誕生し、
休日は連日予約でいっぱいという大人の隠れ家レンタルスペースでしていただきます。

【日 時】10月5日(水) 19:00〜21:00
【場 所】ロックヒルズガーデン@川崎駅徒歩6分
      神奈川県川崎市幸区中幸町3-8-1 7F / R
【参加費】4,000円
【対 象】農家のこせがれ・農業者のみ
【ゲスト】小澤亮氏(Webマーケター、株式会社ファイアープレイス取締役)

【内 容】
1.簡単WEBマーケティング最前線
2.どうやって売上80倍を実現したの?
3.あなたの土地も予約でいっぱいのレンタルスペースに
 ※若干、変更させて頂く可能性もあります

▼小澤亮氏プロフィール
2008年Yahoo! JAPAN入社。量よりも質を志す「食の生産者」の販路づくりを
事業化すべく、2012年に独立。フリーのWebマーケターとして、事業開発に
挑戦中。写真撮影、コピー制作、HP制作、広報・広告による集客まで、
ひとりで一貫して「1→10」を手がけている。
2014年からは、都内でベンチャー企業のマーケティングの監修をする一方で、
日本全国を周りながら食の生産者の支援を開始。延べ200件以上の情報発信を
支援し、現在も継続中。地方で立ち上げたお菓子の通販サイトは、1年間で
月商15万円から月商1,200万円に成長。
2016年に株式会社ファイアープレイスの取締役も兼任。

▼ロックヒルズガーデンについて
手ぶらで来れてBBQやパーティーもできるレンタルスペース!

都会のビルをフルリノベーションした屋上BBQスペース。
芝生とウッドデッキ、大型の炭火BBQグリル、サンベッド、薪ストーブ、足湯、
そして、お洒落なテント。ビルの屋上とは思えない空間を貸し切って、ちょっと
贅沢なアーバングランピング&プレミアムBBQをお楽しみいただけます。
http://upbbq.com/

【申込みはコチラ】 ※10月2日(火)11:59締切※
https://goo.gl/forms/MVTKXGedIKrvUZZh1