宮治勇輔

宮治勇輔  Twitter  プロフィール

養豚農家のこせがれ。一次産業において、生産から生活者に届けるまでを農家が一貫してプロデュースするモデルを確立し、かっこよくて・感動があって・稼げる3K産業にするべく、全国を講演で飛び回りネットワークを構築し、六本木の農業情報発信基地化を目指す。

「活動報告」のアーカイブ

Win-Winの関係が六次産業化をダメにする〜ビジネスパートナーの選び方〜

▼Win-Winとは?


Win-Win」という言葉、誰もが一度は耳にしたことがあるでしょう。

『大辞泉』によれば、「双方がうまくいっていること。特に政策において両者にとって適度に都合がいいこと」とある。つまり、私とあなた双方にとってメリットのある良好な関係であることを示した言葉である。


商売というのは、一方だけが得をするのではなく、双方に利益があってはじめてうまくいく。当然と言えば当然の考え。しかし、僕はこの「Win-Win」の関係が六次産業化をダメにする要因だと考える。

▼ビオファームまつき代表取締役会長 松木一浩さんから学ぶ「上手くいくWin-Winの関係」


先日、静岡県富士宮市にあるResturant Bio-s (レストラン ビオス)で、ビオファームまつきの代表取締役会長である松木一浩(まつき かずひろ)さんのお話を伺ってきた。


松木さんといえば、農業界では六次産業化のトップランナーとして有名だ。元々高級フレンチレストランで給仕長をしていたが、15年ほど前に農業に転身。以来、有機農業を軸にして、ニンジンジュースの製造販売やイートイン可能な惣菜屋の経営などを行う。現在では、レストランビオス含め、3店舗の経営と数ヘクタールの畑で野菜を生産している。



●成功事例:ガス会社とのコラボレーション


それに加え、松木さんは静岡ガスとコラボして、料理教室を開催しているそうだ。教室では「ビオファームまつき」でとれた新鮮な有機野菜を使い、松木さんがおいしい料理を直接生徒さんたちに教える。


この料理教室の案内は、静岡ガスが発行している請求書に同封される。これによって、静岡ガスの利用者に「ビオファームまつき」の名前を知ってもらうことができるし、もちろん教室の参加者とは直接繋がることができる。


これを独自の広告として打つには膨大な費用がかかるし、見てもらえない可能性もある。しかし、ガス料金の請求書に同封することで、定期的におそらく数万件に無料で行き渡らせることができ、かつ、目に触れやすい。


静岡ガスにとっては、料理教室を自社のショールームクッキングスタジオで開催する事で「ガスの良さ」を伝えることができる。



▼Win-Win-Winという視点の必要性



松木さんは、コラボする相手は「自分たちと同じターゲットをもつ企業」を選ぶことが大切だと話す。(自分たちより大きいところを選び、他人のふんどしで相撲をとるも話していたが・・・(笑))
3番目のWinとは言うまでもなく、顧客(ターゲット)のことだ。



料理教室では、料理に興味のある東京ガスの顧客が、「食」の世界で有名な松木さんに料理を習うことができる。そして、美味しかったからレストランにも行こうと思うことができる。つまり、顧客も満足できる関係になっているのだ。



ごくごく当たり前のことを言っているように思うかも知れない。だが、六次産業化を例にしていえば、意外とこの視点が忘れられている。



▼表面的なWin-Winの関係の怖さ—六次産業の事例ー


例えば、農業者が生産(第一次産業)だけでなく、食品加工(第二次産業)、流通、販売(第三次産業)にも主体的かつ総合的に関わることによって、今まで第二次・第三次産業の生産者が得ていた付加価値を、農業者自身が得ることによって農業を活性化させようとする「六次産業化」の動きのなかで、一体どれくらいこの視点が意識されているだろうか。



農作物を生産し、加工し、販売する。でも、いざ商品ができたら、「さぁ、どこで売ろうかな。あれ、困ったな売れないぞ」といった事態に陥る。



生産物を加工して販売することに目がいきがちで、「加工してくれそうな所とコラボする」「原材料を提供してくれそうなところとコラボする」といったWin-Winの二者関係しかなく、それぞれの顧客が喜んでくれるかという視点は忘れ去られている。



●成功事例:ホテルとのコラボレーション


松木さんは、料理教室以外にも静岡のホテルでフェアの一環として、料理を提供することがあるらしい。ビオファームまつきのスタッフにとっては、忙しい時期にオーナーが他店(ある意味ライバル店)で働いていることは理解しがたいことのようだが、顧客にとっては、アクセスの問題で普段なかなか松木さんの料理を食べられない悩みが解消されてとても嬉しいらしい。



▼六次産業を成功させるもうひとつのWin


このように、ビジネスパートナーを選ぶ上では、Win-Winの関係だけでなく、もうひとつのWin、すなわち顧客のWinを意識し、それを実現させるために、「自分たちと同じターゲットをもつ企業」選び、「自分と相手に既についている、それぞれの顧客が求めているサービスを提供する」ことが大切である。




ビオファームまつき「ビオス」

ストレスフリーのみやじ豚バーベキュー【改定記事:2014/4/6】

「バーベキューでみんなと楽しみたいけど、色々面倒なんだよな〜」


▼バーベキューで面倒なことワースト3(みやじ調べ)

✓ 食材の準備
✓ 火おこし
✓ 炭の後処理

いかがですか?

「食材の準備に、火おこし、炭の後処理なんて、いかにもBBQって感じでそれが楽しいんじゃん」なんて声もあるかとは思いますが、実際にやるとなるとおっくうに感じた経験をお持ちの方も多いのでは?

▼みやじ豚BBQなら面倒なこと一切なし

面倒なことは、ぜ〜んぶ人に任せて、参加者全員で盛り上がる。
毎月1回、藤沢にある「弁慶果樹園」で開催している「みやじ豚BBQ」なら、こうしたストレスフリーのBBQが楽しめます。
(最寄駅:小田急/相鉄/横浜市営地下鉄線 湘南台駅 バス15分→徒歩10分、駐車場完備)


しかも、食材は地元野菜に、これまたストレスフリーな環境で育ったみやじ豚(笑)
みやじ豚ってどんな豚肉?

▼みやじ豚BBQについて

ぜひ、お友達や家族、サークルの仲間と遊びにきてください。
みやじ豚BBQの詳細はコチラ

カンティーナ逗子で地産地消企画第1弾はみやじ豚

カンティーナ逗子みやじ豚フィレ
カンティーナ逗子みやじ豚リリース


イタリアンレストラン「カンティーナ」
住所:逗子市新宿1-3-35  
営業時間:ランチ 11:00〜17:00 ディナー 17:00〜22:00 
TEL:046-870-6440 110席 P有

地産地消をベースに、地元に大人気のカジュアルイタリアン
本場直輸入の石窯で薪で焼き上げるピッツァは香ばしさが絶品。食材もイタリア産の小麦粉をはじめ、塩、水、イーストなどにもこだわり外はパリッと、中はもちもちの食感です。三浦の自社契約農場直送野菜や地元・小坪漁港で水揚げされた魚介を使ったイタリア料理も楽しめ、この夏から季節のフルーツを中心としたジェラートを始めました。

関東の若手農家の集まる講演会@宇都宮

関東・静岡・長野の若手農業者の集まる大きなイベントで講演させて頂いた。

農家のこせがれネットワークでは、「農家ばっかりで集まっていてはだめだ!」と話するが、やっぱり若手農業者が大勢集まる場は元気が出る。

こうした若手農業者の集まりに参加すると、自分ももう年長者なんだな〜と思う。
とはいえ、農業者の平均年齢は66歳。まだまだ自分も若手。
講演の依頼を全国から沢山頂くのはありがたいことだけど、プレイヤーとしてまだまだ走り続けますので。


140710_4Hクラブ関東大会

みやじ豚のお中元は、松屋百貨店から

「みやじ豚をお中元で使用したい」

ありがとうございます☆
嬉しいご質問を友人から頂きました。

ぜひぜひ、みやじ豚をお中元にご活用下さい!
と言いたいところですが、みやじ豚.comからご注文いただくと簡易包装になります。
のしをつけたり、包装紙に包んだり、しっかりとしたお中元のかたちにはならないのです。
それでも注文してくれる友人もいました。ありがたいことです。

「でも、お中元はちゃんとしたかたちで送りたいから、みやじ豚はやめとこう。」

そう思っていたなら朗報があります。
昨年秋口から、松屋銀座百貨店、地下二階のお肉屋さん「肉の初音」さんで、
みやじ豚の販売がはじまり、お歳暮としても取り扱いがはじまりました。

松屋百貨店中元歳暮包装
松屋百貨店中元歳暮発泡スチロール
松屋百貨店中元歳暮湘南みやじ豚しゃぶしゃぶ
松屋百貨店中元歳暮湘南みやじ豚しゃぶしゃぶ2



この写真は、昨年のお歳暮「湘南みやじ豚のしゃぶしゃぶ」のものです。
お中元も大差ないはず。
そんなわけで今年のお中元は、「松屋のお中元」からご注文頂くのがベストです。

https://mg-web.jp/summer/detail.php?pid=219643

食彩の王国「おいしさの秘密は”愛情”ニッポン銘柄豚めぐり」【7/6BS朝日17:00〜17:25】

おはようございます〜
本日7月6日、BS朝日 17:00〜17:25
食彩の王国再放送です!

銘柄豚特集です。
ちなみに、現在日本には300種類の銘柄豚が存在していると言われています。
一般の方でしたら、5種類言えたらなかなかの豚肉通だと思います。

基本的には、日本で生産される全ての豚が、何らかの銘柄豚に所属していることになっています。
だから、日本の豚肉は総銘柄化されていることになり、銘柄豚だから価値があるというわけではありません。

逆に言えば、
全国各地全ての豚で銘柄化がすすんだ結果、銘柄化するだけでは意味が無いということです。

銘柄豚=ブランド豚ではなく、銘柄豚はその名の通り、名前のある豚となってしまいました。

だから、私たち養豚家も、銘柄化はゴールではなくスタートという意識でいなければなりません。

久々に、「プロデュース論」的な話ができた。

みやじ豚バーベキュー開催しました!【4/13】

将来の夢は養豚家になること。

そんな素敵な中学生が遊びに来てくれました。
養豚家を目指す小学生

「養豚家になるためには何が必要ですか?」

という質問を受けました。
養豚業は企業化が進んでいます。
スタッフを募集している養豚会社も普通にありますので、
なろうと思えば養豚家にはなれます。

でも、農業は人間力が求められる仕事です。
できる限り色々な経験をして、立派な養豚家になってほしいなと思っています。

ちょっと考えて、

「自分で考え自分で行動する力をつけること」

と伝えました。



さて、今回も130名以上の方が遊びに来られましたが、
行列もできずかなりまったりモード。

運営体制にまで気を遣ってくださるお客さんに感謝感謝です☆
のんびり、みやじ豚を味わって頂けたのであれば、我々も嬉しいです。

みやじ豚BBQ参加者(女子)みやじ豚BBQ参加者(男子)



















Noh Logicデザイナーのスズメさんともパチリ。


みやじ兄弟とNohLogicスズメさん





最後に30名以上で来て下さった神奈川県内自治体職員の皆さんと集合写真。


神奈川県自治体職員団体さんと集合写真




次回は、4/29(ニクの日)ですよ☆
▼ みやじ豚バーベキューのスケジュールを確認する
http://bbq.miyajibuta.com/schedule/

みやじ豚バーベキューの料金は妥当か?

みやじ豚バーベキューを前日に控え、ふとこんな事を考えてみた。
僕はみやじ豚バーベキューを始めたとき、

「4000円という価格は高いのではなかろうか・・・」

と思っていた。
気になって色々調べてみると、バーベキュー事業者が存在することを知りました。

バーベキュー場・神奈川

バーベキュー・手ぶら

みたいなワードで検索すると、バーベキューができる会場が出てくるのですが、
会場まで食材や機材を持ってきて下さる便利な事業者の存在も確認することが
できました。

みやじ豚バーベキューはあくまでもみやじ豚と生産者との交流を楽しむものと
考えていますので、単純にバーベキュー事業者とはまったく競合しているつもり
は全くありません。

ところが、参加してくださった皆様とお話をしていると、

「バーベキューを楽しみたいけど、気軽にできない。」

という声があり、みやじ豚バーベキューに参加すれば、身ひとつで
バーベキューが楽しめることも売りになっているわけです。

それで、手ぶらでバーベキューを楽しむためにとWEBサイトを調べていると、
バーベキュー会場に食材やBBQの機材を持ってきてくれるサービスがあるんですね。

・バーベキュー機材

・お肉200g(豚・牛・鶏:国産かどうかは不明)

・焼きそば

・お野菜

がついて相場は、3200〜3500円/人です。(ゴミ処理は別料金)

飲み物は別料金。(自分で用意する)

また、天気や何かの理由で中止する際にはキャンセル料がかかる

会場は無料のところも多いのだろうが、会場費は別途かかる。






・・・こうした価格をみると、実はみやじ豚バーベキューって
めちゃめちゃお得だったんだということに気づきます。

会場はもちろん、藤沢の片田舎まで来て頂くことになりますので、
東京の方にはご不便をおかけするかもしれません。
(東京から1時間半かけて自然豊かなところで楽しむからいいんだと
言ってくださる嬉しい方もいらっしゃいます。)

肝心の飲み物ですが、まずはビールをサーバーで用意します。
飲み放題になるかならないか、結構な量は用意します。
それから白ワインと、ソフトドリンクも用意します。

会場は雨でも台風でもできます。(足下は汚れます)

キャンセル料はかかりません。

会場費は込みの価格です。


なにより、食材が違います☆
しかも量もたっぷり、みやじ豚をおひとり400g程度用意します。

焼きそばではなく、ご飯を用意します。
なぜなら、焼きたての脂と肉汁でテラテラになったみやじ豚の
バラ肉を、ご飯に上にのせて脂を絡めてご飯と一緒に食べれば、
「究極の豚丼」が味わえるからです。

あ、デザートも用意していますね。


・・・そう考えると、

「実はみやじ豚バーベキューは超お得!」

であることがおわかり頂けたのではないでしょうか。


ただ、すみません。
4月からの消費税増税を受けて、バーベキューの料金の若干の値上げ
を検討させて頂きます・・・


とはいえ、これからもみやじ豚バーベキューはゆるく継続して
いきますので、引き続きよろしくお願いいたします。

▼ 次回みやじ豚BBQは4/29
http://bbq.miyajibuta.com/schedule/index.html

バーベキューの季節は?

そろそろバーベキューの季節です、なんて昨日書いたのですが、
バーベキューは夏と秋が最適な季節と考えられているようです。

時期によって、用意する食材を変えるとおもしろいですね。
最近はそうでもないけど、一昔前までバーベキューの食材といえば牛肉だったような。

みやじ豚バーベキューをはじめた当初、いわれたことがあります。

「バーベキューで豚肉だけだと流行らないでしょ」

だけど実際は逆でした。
友人もバーベキューをするときにみやじ豚をとってくれるのですが、

「念のため桐の箱に入った牛肉も買って用意したけど、みやじ豚の圧勝だった。」

「牛肉が余って、みやじ豚はあっという間になくなった。」

なんて感想も頂きますので。


みやじ豚のネットショップには、みやじ豚バーベキューセットなるものも用意してます。
みやじ豚の3種盛りです。

実は、ネットショップには掲載していない、
みやじ豚の生ソーセージ1kgパック(冷凍)というものも用意してあります。

一部の飲食店のために用意しているものですが、お問い合わせ頂ければ
ご提供することも可能ですよ。

▼みやじ豚バーベキューセット
http://miyajibuta.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=239372&csid=0

みやじ豚バーベキューは準備の必要もない

みやじ豚を焼く宮治勇輔
バーベキューは誰しも一度は楽しんだことがあると思います。

でも、後片付けは大変だし、準備も大変です。

参加者に呼びかける

会場を用意する

食材を用意する

ドリンクを用意する

BBQ台や炭などを用意する

火をおこす

などなど・・・

学生の頃は、火をおこすのに手こずった記憶があります。
炭とトングまでは用意しても、着火剤を用意せず、なかなか火がつかない・・・


みやじ豚バーベキューは、当日手ぶらで参加するだけです。
(あ、参加費は持ってきて下さいね☆)

ですが、みやじ豚バーベキューの常連さんはひと味違います。
(あ、みやじ豚はひと味もふた味も違いますよ☆)


みやじ豚に合いそう or 自分が飲みたいお酒を持参する

みやじ豚の味わいを殺さない調味料を持参する

飲み会をみやじ豚バーベキューで開催してしまう


事前準備が必要ないから、そして最高のお肉が待っているから、
よりバーベキューを楽しもうというモチベーションが湧くのですね。

よかったらニクの日4/29のみやじ豚バーベキューに遊びに来て下さいね☆
http://bbq.miyajibuta.com/