宮治勇輔

宮治勇輔  Twitter  プロフィール

養豚農家のこせがれ。一次産業をかっこよくて・感動があって・稼げる3K産業にするべく活動中。みやじ豚は銀座の松屋百貨店をはじめ多くの飲食店で扱われるように。毎月みやじ豚BBQ、農家のファミリービジネス研究会を開催中。都心で働く農家のこせがれに農業の魅力と可能性を伝えたい。

「活動報告」のアーカイブ

コレクティブインパクト

コレクティブ・インパクトとは、立場の異なるセクター(企業・行政・NPO・業界団体・教育機関など)が、組織の壁を越えてお互いの強みを活かして特定の問題解決目指す取り組み。

業界の中で縦割りで各々の団体が活動をしていても、なかなか問題解決は進まない。
でも、みんなその業界を良くしようと頑張っている。だったら、力を合わせて頑張ろうよと。


▼コレクティブ・インパクトに必要な5つの条件(Kania&Kramer(2011) "Collective Impact")

1.アジェンダを共有する:全ての参加者がビジョンや課題を共有していること。
2.測定システムを共有する:取り組みを評価するシステムを共有していること。
3.互いを強化し合う活動:各自強みを活かし切磋琢磨し、活動を補完し合うこと。
4.継続的なコミュニケーション:定期的な打合せ等、常にコミュニケーションし合うこと。
5.活動を推進するためのバックボーン組織:活動をサポートする事務局チームがあること。


我々の活動も、今年に入って、

・農林中央金庫と事業承継専門のコンサルタントとで、事業承継の研修プログラム作り

・JA全農と、事業承継のやり方を指南する「事業承継ブック(仮)」の制作

・そして、その事業承継ブックをブラッシュアップするために、
 全国の農協職員と農協青年部、4Hクラブ、農家のこせがれネットワークが集まる場づくり

などに取り組めるようになっている。
農業界の事業承継問題におけるコレクティブ・インパクトを
引き起こすプレイヤーが力を合わせて動き始めている。

【講演】アグリイノベーション大学関西校

関東高では毎年お話させて頂きますが、関西校でははじめて。
通算600名を超える方が卒業する、押しも押されぬ民間の農業大学校です。
フォロー体制も万全で卒業後も安心。
今の仕事を続けながら農業を学ぶ。社会人向け週末農業ビジネススクール。

▼アグリイノベーション大学
https://agri-innovation.jp/

【講演】小田原箱根第3創業市・創業塾

都心はなんだか窮屈すぎて。地方はすこし冒険すぎる。

そんな感覚のあなたに、第3の選択肢があります。

東京から新幹線で約30分。都会と田舎のあいだくらいの

ちょうどいい環境で、じぶんらしく起業する。

好きになれるまちで、好きなことを仕事にする。

そんな創業スタイルを、小田原・箱根は応援します。

山だって、海だって、温泉だってある。なんといっても

昔の殿さまが、お城のために選びぬいた場所ですから。

「第3新創業市」で、じぶんの城をもちませんか?



なんて、触れ込みで開催されている創業塾で講演させて頂きました。
テーマ「指名されるブランドを育てる、みやじ豚の広報戦略」

http://dai3sogyo.net/2016_lp/

【講演】名古屋大学大学院

名古屋大学大学院の環境イノベーション講義でお話させて頂きました。
こちらではもう5年以上でしょうか、継続して1コマ持たせて頂いています。

http://www.offshorewind.env.nagoya-u.ac.jp/course/course.html

未来をつくるU-40経営者20名『ダイヤモンド・ハーバード・ビジネスレビュー』



ダイヤモンド・ハーバード・ビジネスレビュー 未来をつくるU-40経営者
の20人に選んで頂きました。
でも、さすがにこれは分不相応で恐縮してます。

選考委員に星野リゾートの星野さんのお名前が。
おそらく星野さんにご推薦頂いたのだと思います。
星野さんは『星野佳路と考えるファミリービジネスマネジメント』でお話をさせて頂いて、かなり気に入ってくれたそうで、実は2年前のがっちりマンデーも星野さんの推薦で取りあげられたんです。

星野さん自身、「星野リゾートは星野家のファミリービジネス」と言っているんです。
意外ですよね?
日本におけるファミリービジネスの認識をもっとポジティブなものに持っていこうと考えているんですよね。

僕も農業界でもっと家族経営は素晴らしいものであることを伝えるべく、「農家のファミリービジネス研究会」を主宰したり、農業青年向けの雑誌『地上』で親元就農特集の監修をやらせて頂いたりしているところで、そういった点も評価して頂いてのことかと思います。

選考委員の入山先生には、「日本の課題であるファミリービジネスの継承と農業の生産性向上を同時に達成しており、社会的価値が高い」と過分なお褒めにあずかり、本当に恐縮しています。

この中の経営者としては明らかに「最も精進しなければならない1人」です。
いつも応援して下さる皆様やバーベキューに来て下さる方の期待を裏切らぬよう、これからも頑張ります!

【YOMIURI ONLINE】目指せ「3K」…農業人口激減でも元気な理由【9/30】

農業ジャーナリスト青山浩子さんの記事に取りあげて頂きました。

●流通・加工にも気を配る

●「3K」で就農アピール、農家の“常識”覆す

http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20160927-OYT8T50088.html?page_no=4&from=yartcl_page

『地上10月号』特集:親元就農でいこう!〜失敗しない・させない事業承継〜

親元就農とはすなわち、こせがれが事業主たる親父について就農すること。
後継者として親父から技術や経営を学び、事業承継をしながら一人前の農業経営者になっていくわけですが、今回若手農業者向けの雑誌『地上』の事業承継特集で、監修をさせて頂きました。

宮治が主宰する「農家のファミリービジネス研究会」でお伝えする内容を中心に、事業承継のポイントについてまとまっています。

▼『地上10月号』について
http://www.ienohikari.net/press/chijo/backnumber/001450.php

『地上』とは?
地域農業の担い手やJA青年部員、JA役職員などを対象に、1947年に創刊。
日本の食料・農業・農村をめぐる情勢や、社会・経済の動向を反映した企画で、農協運動に参加・参画する仲間づくり、豊かな地域づくりに役だつ記事を提供。
「農業・農政の動きを読み解く企画」
「世界・日本の社会経済を読み解く企画」
「今後のJA・地域を展望する企画」
を3つの柱として、「わかりやすく」「おもしろく」「タイムリー」「役に立つ」をキーワードに誌面を展開。

【9/23@東銀座】農家のファミリービジネス研究会#12

DSC_0086

前回のテーマが「創業の想い」であれば、今回のテーマは「創客への決意」です。
どんな商売もお客さんがいなければ成り立ちません。

小規模ながら顧客の創造に成功している農業者にはある共通点があります。
その共通点を明らかにすると共に、事業承継における顧客の承継について
学んでいきましょう。

【日 時】 2016年9月23日(金) 19:00〜21:00

【場 所】 LEAGUE(リーグ) 中央区銀座3-11-3
      http://league-ginza.com/
【参加費】 4,000円(税込) ※軽食・アルコールあり

【プログラム】
19:00〜19:30 講座#12 【事業承継「顧客」の巻】
『事業とは顧客の創造』
  ・「顧客」の承継のポイント
  ・新規顧客の開拓は今すぐやめろ
  ・ブランド化に必要な5つのポイント
  ・成功の秘訣は、
  ・農家の売りものは何か
  ・お客様は神様ではない

19:30〜21:00  経営何でも相談会(出席者参加型)
  ・経営課題を洗い出す→解決策の検討
  ・参加者同士「顧客の承継」についてをシェア

※初めての方、農家でない方も、大歓迎です☆
 過去にも伝統工芸を扱う家業のこせがれの方や伝統食メーカーのこせがれ、
 ITベンチャーで農業に新規参入した企業の方などの参加もあります。
※連続講座ではありますが、どこから参加して頂いても問題ありません。

事業承継が完了した、経営課題を相談する必要がないという先輩農業者の方も、
ご参加頂けると助かります。あなたの体験談で、就農に悩むこせがれの背中を
押してください。

▼申込みはこちら ※2016年9月23日(金)9:00締切▼
https://ws.formzu.net/fgen/S75736467/

※次回の予定日程→ 10/21

【講演】豊後・米仕上牛販売拡大協議会

大分県の銘柄牛「豊後・米仕上牛」の生産者と販売公社の関係者が中心に集まる研修会
で講演させて頂きました。

IMG_9092
IMG_9093



▼講演依頼はこちら
http://miyajibuta.livedoor.biz/archives/51663480.html

ネットラウンジのオフ会を開催

いや〜、今月も楽しかった☆

初参加、岩手は遠野の米農家のこせがれは現在24歳。
30歳までに実家に帰って農業をしたい。

繁忙期の手伝いはしているが、実家の経営状況は全く知らないということだったので、
「親父から抵抗なく経営状況を聞き出す方法」をお伝えしました。

また、ラウンジのオフ会は初参加の「農ホリ」さん。
農ホリはガチの農業体験したい方と農業者のマッチングサービスを提供。
農ホリで農業体験をする方はどんな人が多いのか、今後の展開などの話もあったけど、

「農業者は、農ホリのサービスに何を期待しているのか」

の話は目から鱗でした。

また、農業求人サイトで働く方や野菜の口コミデータベースの構築を目指す方の参加もあり、
数字を交え「農業求人サイトを使う人の実状」や「現状の口コミサイトに足りない点」など
の議論もできました。

農業とは全く関係ないけど、就業時間の一部を課外活動にあてている会社の方は、農業
ボランティアの要望が社員から上がっているので情報収集のために参加をしてくれました。

早速、農ホリさんとそうした企業のマッチングが実現しましたし、
野菜の口コミデータベースづくりを行っているIT企業の役員の方からは、
「うちの社員に研修という名目で農ホリのサービスを使いたい」という声も挙がり、
きちんと参加者に価値を提供できる場になりました。

これも、皆さんが隠し立てすることなく自社のサービスの狙いや数字を
話してくれるからなので、感謝感謝です。

個人的にも勉強になるし、めちゃめちゃおもしろいので、
オフ会は毎月開催することにしました。次回は9月14日(水)。

これで月1000円は激安でしょう。
興味ある人は、ネットラウンジにぜひ参加してくださいまし。

https://lounge.dmm.com/detail/86/