宮治勇輔

宮治勇輔  Twitter  プロフィール

養豚農家のこせがれ。一次産業をかっこよくて・感動があって・稼げる3K産業にするべく活動中。みやじ豚は銀座の松屋百貨店をはじめ多くの飲食店で扱われるように。毎月みやじ豚BBQ、農家のファミリービジネス研究会を開催中。都心で働く農家のこせがれに農業の魅力と可能性を伝えたい。

【9/16@京都大学】平成28年度日本農業経営学会研究大会

平成28年度日本農業経営学会研究大会が開催。
今回のテーマは、「農業における起業家精神とイノベーション」
みやじも登壇させて頂きます。

【日程】平成28年9月15日(木)〜9月18日(日)
 9/15(木) 地域シンポジウム 13:30〜17:00
 9/16(金) シンポジウム 9:00〜16:30
        総  会  13:00〜14:00
       懇 親 会 18:00〜20:00
 9/17(土)  分 科 会  9:00〜15:00
       個別報告  9:00〜15:00(予定)
 9/18(日) エクスカーション 8:00〜17:30

【会場】 京都大学農学部(京都市左京区北白川追分町)

【参加費】
 大会参加費 一 般 5,000 円 / 学 生 3,000 円
  懇親会費 一 般 5,000 円 / 学 生 3,000 円
  (報告論文審査料 5,000 円 ※報告論文を投稿する場合のみ)

【シンポジウム】
(9/16(金) 9:00〜16:30@京都大学農学部本館1階・W100教室)

テーマ:農業における起業家精神とイノベーション

今日の日本においては,各地でビジネスマインドを持つ農業経営者が数多く輩出されている一方で、農業全体としては縮小傾向が続いているという実態がある。農業の発展をもたらすためには、新たな市場を開拓し、需要を拡大する原動力としてのイノベーションが必要であるとともに、イノベーションを生み出す人材としてのアントレプレナーの役割が重要であると考えられる。

そこで、本シンポジウムでは、農業におけるアントレプレナーシップとイノベーションの関係について

‘本農業に求められるイノベーション
▲ぅ離戞璽轡腑鵑鮴犬濬个好▲鵐肇譽廛譽福璽轡奪廚糧揮のための条件
イノベーションに基づいた農業発展を実現するための課題

など、様々な角度から検証することを試みる。
その際、特にバリューチェーンにおける関係的変化としてのイノベーションに焦点を当て、アントレプレナーが、ネットワークやコミュニケーションによる実需者等との連携や新市場の創出を図りながら、イノベーションを持続的に創出し、さらにより大きなイノベーションへと発展させていくための課題を明らかにする。

座長:斎藤 潔(宇都宮大学)

報告:(1)農家のこせがれが生み出すイノベーション
      宮治 勇輔(NPO法人農家のこせがれネットワーク)
   (2)農業におけるオープンイノベーションの可能性とプラットホームの役割
      後藤 一寿(農研機構食農ビジネス推進センター)
   (3)女性が動かす農業、そして農村社会
      青山 浩子(農業ジャーナリスト)

コメント:佛田利弘(株式会社ぶった農産)
     片岡美喜(高崎経済大学)

▼詳細
https://fmsj.jp/?action=common_download_main&upload_id=436

トラックバックURL

 

コメントする

名前:
メール:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星