宮治勇輔

宮治勇輔  Twitter  プロフィール

養豚農家のこせがれ。一次産業をかっこよくて・感動があって・稼げる3K産業にするべく活動中。みやじ豚は銀座の松屋百貨店をはじめ多くの飲食店で扱われるように。毎月みやじ豚BBQ、農家のファミリービジネス研究会を開催中。都心で働く農家のこせがれに農業の魅力と可能性を伝えたい。

事業承継は実践あるのみ

仕事の優先順位を考える上でよく使われるのが、

重量度と緊急度で考える4象限マトリクス。

1.重要で緊急
2.重要だけど緊急でない
3.重要でないけど緊急
4.重要でないけど緊急でない


このマトリクスで常に話題になるのが2の「重要だけど緊急でない」仕事。
この2をどうするかが、会社の今後を左右するといっても過言ではない。
だけど緊急度が低いので、ついつい後回し。

あなたもそうかもしれないが、多くの方が
2の象限から1の象限になってから取りかかるのでは。

事業承継はまさにこの2の象限に当てはまる。
そして、1の象限になるときとは、大半が先代に何かあったとき。

でもそれでは遅い。
そして、2の「重要だけど緊急でない仕事」に取り組むには何かしらの強制力が必要。
家族経営の農家だと、この強制力というのが働きにくい。

偉そうに書いているが、僕自身もそうだ。
だからこそみんなで学ぶ場をつくっていく必要がある。

特に事業承継については、重要なポイントというのは決まってくる。
あとは、どう実践するか。

農家のこせがれの事業承継を、とにかく前に進めるために、
農家のファミリービジネス研究会を主宰している。

農業者以外の方の参加も大歓迎。
異業種の知見が大いに役に立つ。


▼農家のファミリービジネス研究会
http://miyajibuta.livedoor.biz/archives/52017815.html

次回の農家のファミリービジネス研究会に申込む

トラックバックURL

 

コメントする

名前:
メール:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星